iittala社のkiviに関するあれこれ
by yummy0424
メモ帳
カテゴリ
全体
その他のお気に入り
kiviに関する知識
kivi以外のイッタラ製品について
未分類
以前の記事
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
最新のコメント
こんばんは! ご丁寧な..
by yummy0424 at 21:52
すみません、解りずらい..
by gua2010 at 15:39
こんばんは! コメント..
by yummy0424 at 00:38
 こんばんは。  毎回..
by gua2010 at 21:45
こんばんは!コメントあり..
by yummy0424 at 23:16
初めまして、こんにちは。..
by Sachie at 23:54
こんばんは! そうそう..
by yummy0424 at 21:44
こんにちは! コメント..
by yummy0424 at 14:43
 こんにちは。  本日..
by gua2010 at 15:31
gua2010さん こん..
by yummy0424 at 00:58
検索
記事ランキング
画像一覧
2003年製造のアクアブルーとその後のアクアブルー
c0368426_17355758.jpg
2003年ー2009年にかけて生産されていた色・アクアブルー。
右が2003年の最初期のアクアブルーです。
なぜ2003年製造だとわかるかといえば、底に金型番号がないからです。

金型番号がないアクアブルーを複数入手しましたが、
どれも皆、右側のkiviと同じように色が少し薄かったです。

c0368426_17380878.jpg
真横から見るとそこまで顕著ではないのですが
上から見ると違いがはっきり分かります。







[PR]
# by yummy0424 | 2017-01-29 17:34 | kiviに関する知識 | Comments(0)
魅惑の中間色 〜中間色の色見本〜




iittala社のHPに掲載されているkiviのAll colours (pdf)を見ると
過去と現在に渡って全部で44色ものkiviが存在する事がわかります。
(マットのミレニアムと2000は除く)

44色!

まるでガラスの色標本のようですね。
この多彩なガラスの塊が私を魅了してやまないのですが、
実はこの44色の他にも多数の色のkiviが存在します。
c0368426_09135966.jpg
例えばこのベージュ。
透明感があって、上品な色合いが魅力的なkiviです。
このkiviの色名は何でしょうか?
答えは「名も無いベージュ」とでも言いますか、色名は存在しません。
当然、イッタラ社のAll colours (pdf)にも載っておりません。

c0368426_13583266.jpg

北欧の深い森を思わせる(私の脳内イメージですが)美しいダーググリーン。
これもそうです。

私は中間色と呼んでおりますが
一体、この中間色とは何でしょうか?
一般的には二つの説があります。

まず一つ目はロットとロットの交換の際に産まれるという説です。
例えばクリアを生産した後にフォレストグリーンを作ると
フォレストグリーンを淡くて薄くしたようなkiviが出来るという説です。


c0368426_13311026.jpg
フォレストグリーン&クリア??

当初は私もこの説を信じていましたが、そのような前の色の残留物が生産ラインのどこに残るのか
ガラスを作る過程でそういった事が起こりえるのか知識不足の為確信が持てません。

もう一つはもっと単純な説です。
何らかの理由で色の発色に失敗したというものです。


以前、本国イッタラ社のカスタマサポートに下記のkiviの写真を添付して
「このようなkiviを入手したが、これはどうやって作られるのか?

調べたところ、色と色を交換する際に産まれるという説と
色の発色に失敗しただけという説があるけど、
どっちが本当か?」
といったような内容で問い合わせました。


すると・・・
c0368426_09261075.jpg

「誠に申し訳ない、心よりお詫び致します。
写真のkiviはどこで入手したのか?
まさかイッタラショップで一級品に紛れて売っていたのか?
どちらにお住まいか?」
といったようなお詫び
が来てしまいました(汗)

単に知りたがりの私の軽い質問でしたが、まさかクレームに取られてしまった?!


「いやいや決して責めている訳ではなく、
kiviを収集していて
こういう規格外のkiviが存在している事も知っており
どうやって出来るのか知りたいだけなんですが・・・」
みたいな返信をしたところ、便りが途絶えました。。。
あらら。

それ以上追求しておりませんので、真相は闇の中のままです。




まぁどういう理由であれ、このような規格外の色のkiviが多数存在します。
どのような色があるのか、どれだけあるのかはカタログがある訳でもないので全く把握出来ておりません。




c0368426_09231089.jpg
真ん中の中間色はイエロー系でもブルーベースのイエローです。
人によってはグリーン系に見えるかもしれませんね。


そしてどの中間色にもイッタラシールは貼られておりません。
いくら魅力的な色といえどもイッタラ社にとっては色の基準を満たしていない規格外・二級品だからです。




以下の写真は今までヤフオクで出品した中間色です。
(今後も新しい色を見つける度、アップしていく予定です。
どこまで増えるのでしょうか?)

手にする度、わくわくします。

以前手にしたものと同じように見えたり、違うように見えたり・・・。

偶然産まれる色のkivi
中間色との出会いは一期一会だと思っています。
c0368426_17162903.jpg


c0368426_14134765.jpg
 前列左からウォーターグリーン、グレー
後列は中間色
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_14210982.jpg
c0368426_14174171.jpg
左からターコイズ(現ディープターコイズ、中間色、ブルーベリーブルー、レイン)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_15270018.jpg
c0368426_15275338.jpg
左からターコイズ、中間色、ブルーベリーブルー、レイン。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_17183860.jpg
グレー 中間色 レイン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_14035041.jpg
c0368426_23154547.jpg
前列左からライム、中間色、アップルグリーン。
後列左からライトグリーン、ウォーターグリーン。

c0368426_21094319.jpg
非常に薄いライム系・恐らく上と同じ・ライム

c0368426_21292382.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_21512388.jpg
上のライムを淡くしたような色と同じ位淡い色合いだが
若干グレーが混じったような苦みの入った色。
c0368426_21514140.jpg
右はライム
c0368426_21514366.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_21531532.jpg
上の一番右と同じ。
c0368426_21531677.jpg
モスグリーンを淡くしたような色。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_21250063.jpg

抹茶のような色

c0368426_21264769.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_22434767.jpg
c0368426_22435517.jpg
c0368426_22373121.jpg
c0368426_22351362.jpg
右は↓の中間色kivi・左は↑の中間色 
c0368426_23175263.jpg
c0368426_23265814.jpg
左から中間色・ライム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_23233330.jpg
c0368426_11212022.jpg

左からモスグリーン、中間色、フォレストグリーン。  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_11243147.jpg
上のダークグリーン系よりも、若干グレーが混じっている。
c0368426_11371474.jpg
c0368426_11373316.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_00424804.jpg
c0368426_00432744.jpg
左からエメラルド・中間色・フォレストグリーン
c0368426_00441053.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_19595099.jpg


左からラベンダー・中間色・ライトライラック
c0368426_19170694.jpg
手前が中間色

c0368426_14212444.jpg
追加。
手前のものも中間色。奥のブルーが強い中間色に対して
手前のものはピンクが強い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_20030813.jpg
左奥はサンド・その他三つはベージュ〜サンド系中間色

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_19174230.jpg
手前二色が中間色・奥はグレー。
手前左はグレーを基調としているが、ほんのりグリーンを帯びている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_15024914.jpg
グレーとレインを混ぜたような中間色。
左がグレー、真ん中が中間色、右はレイン。

c0368426_15325445.jpg
右がレイン、その隣りは中間色、その隣りは上の中間色、右はグレー
c0368426_01235252.jpg
レインをうすーくしたような色。
上の写真の左から二番目の色。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_01595089.jpg
c0368426_02045372.jpg
右はディープターコイズ
c0368426_01543307.jpg
左からディープターコイズ・中間色・中間色・レイン
c0368426_01261023.jpg
左からディープターコイズ・中間色・中間色・レイン
c0368426_01282118.jpg
c0368426_01365375.jpg
レインを少し淡くしたような(そしてそこに少し別の青を混ぜたような)色。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_19220233.jpg
手前二つが中間色・奥はウォーターグリーン。
c0368426_21123895.jpg
左からウォータグリーン、恐らく上と同じ、恐らく上と同じ、それよりも濃い水色。
右奥はライトブルー

c0368426_21141762.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_21152929.jpg
ライトブルーを薄くしたような中間色
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



c0368426_23102387.jpg
右から普通のリオブラウン・薄いリオブラウン・中間色。

c0368426_23112886.jpg
夜、室内の光で見ると麦わら色に見えますが・・・
(ただし向こう側の透けた側面部がほんのりピンクがかった肌色に見える)

c0368426_23192443.jpg
c0368426_23193807.jpg
自然光だと黄みが消えてピンクがかったベージュに見えます。
こんな色は初めて見ました。
金型番号がないので古い時代の中間色です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_14180287.jpg
c0368426_14181651.jpg
左からクリスマスグリーン・中間色・グリーン。
これも金型番号がないので2003年以前の中間色です。
クリスマスグリーンとクリアのミックス?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


c0368426_23052231.jpg
右はシーブルー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_23074572.jpg
c0368426_23081663.jpg
左からアクアブルー・中間色・レイン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_22100321.jpg
c0368426_22082639.jpg

c0368426_22085921.jpg
シーブルー・中間色・モンドングリーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_22315952.jpg
c0368426_22321356.jpg
右はエメラルド
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_23245984.jpg
c0368426_23252268.jpg
左からターコイズブルー・中間色・ライトブルー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_15201623.jpg
c0368426_15203912.jpg
左はクリア。クリアに僅かに色がついたタイプ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_15214152.jpg
c0368426_15215636.jpg
右はアクアブルー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_15374523.jpg
上のアクアブルー系中間色よりも濃いめ。右はアクアブルー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_15523062.jpg
左からアルファグリーン・中間色・グリーン。
古い年代の色のように見えるが、金型番号が入っており、
裏面にはこのようなシールが貼ってあるので中間色と判る。
c0368426_15535702.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_15574996.jpg
c0368426_15575908.jpg
左からウルトラマリンブルー・中間色・コバルトブルー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_21540765.jpg
c0368426_21540941.jpg
右はウルトラマリンブルー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_16053099.jpg
c0368426_16092610.jpg
左からフォレストグリーン・中間色・モスグリーン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_10544146.jpg
c0368426_10545188.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_21472507.jpg
左からアップルグリーン、中間色、中間色、ライトグリーン
c0368426_21472996.jpg
左からアップルグリーン、中間色、中間色、ライトグリーン
殆ど同じように見えるが、微妙に右のほうがアップルグリーン寄りで
左のほうがライトグリーン寄り。

c0368426_21473378.jpg
上から見たところ。
僅かな差だが違う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


c0368426_21503855.jpg
暖色系中間色は無いなんて言ったけど、
これは何でしょう?
レッドガーネットに似ているけど、ちょっと違う。
c0368426_21525169.jpg
左からセビリアオレンジ・中間色・レッドガーネット
c0368426_21535413.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_17273466.jpg
c0368426_17274406.jpg
左はターコイズブルー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

c0368426_17293442.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
c0368426_17291709.jpg
c0368426_17291265.jpg
ブラウンよりもかなり薄い。




[PR]
# by yummy0424 | 2017-01-28 17:34 | kiviに関する知識 | Comments(0)
KERTTU NURMINEN
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by yummy0424 | 2017-01-25 01:27 | その他のお気に入り
謎のグレー アアルトベース 追記:イッタラのカスタマーサポートへ質問しました。

c0368426_17040402.jpg
どなたか一番中央にある120mmのアアルトベースの色の名前を
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

c0368426_17050143.jpg
一番右の95mmベースにはオリジナルの箱がありまして
それには「Harmaa-Grey」と記載されています。

95mmのグレーという記載には目を疑いました。
kiviのグレーと比べると黄ばんでいて、とてもグレーには見えなかったからです。

いつものごとく「オリジナルの箱だと言ってたけど、違かったんだ・・・」と最初は思いました。

でもこれでそう思うのは3回目。

おばあちゃんカルティオkiviの時も、サファイアこと旧ライトブルーのアアルトベースの時も
え?箱には○○って書いてあるけど、この色名であってるの?
ああ、オリジナルの箱って聞いてたのに、それは嘘でそこら辺の適当な箱に入れられたんだわ・・・

その後、色々調べて本当にオリジナルの箱だった事があったので、
もう素直に信じようと思います。
最新デザインの箱にこの旧ロゴアアルトが入っていたら不一致だとわかりますが、
箱とベースの年代は一致してますからね。

ふぅ。

それならグレーだと思っていた120mmアアルトの色は何でしょう?
ちなみにこれは底にALVAR AALTO 2001 と入ってまして
2001年 イッタラ創業120周年記念のモデルです。

これはSavunharmma/スモーキーグレー・スモークグレーと呼ばれる色なんでしょうか?

そこでsavunharmaaについて調べたけど、有力情報は出てこず。

確か、昔はsavunharmaaという色で作られていた、という一節を
どこかで読んだ気がするんだけど、文献が出てきません。


手持ちのイッタラカタログで調べると2つヒットしました。

最初は2009年。savunharmaaの名前で数アイテムが掲載されています。
でもグレーというよりもまるでベージュ。
サンドを薄くしたような色。

c0368426_17065494.jpg

もう一つは2011年のアアルトベース75周年を記念して作られた55mmのミニチュアベースで
savunharmaaという名前で登場。

ただし、色はどう見ても普通のグレー。
上のベージュっぽい色とは全く異なります。

そしてもう一つの資料。
These example pafes can be found in Finnish on pages 72-73とあるので
多分、本の1ページだと思うのだけど、
PRODUCTION TIMES,SIGNATURES AND COLORS OF THE 14cm HIGH SAVOY VASES
と題された中には「SMOKE-GRAY」が1937年から49年まで生産されていた(随分、古い)と
ここにsavunharmaaの名前を見つけることができます。


それにしても何て厄介。

kiviを集め始めた当初、kiviのカラーって魑魅魍魎だと感じていたのですが、
イッタラの公式サイトに色見本、生産期間が一覧で掲載されているのは
画期的であり、親切この上ない事なんだという事です。

アアルトベースこそ、魑魅魍魎の世界なので、深入りしないようにしているのに、時々気になって仕方ない!!

どうか2001年のイッタラカタログお持ちの方、
もしくは何かご存知の方、教えていただけたら嬉しいです!!


c0368426_13380491.jpg
こんなもの(右)まで入手。
やはり左はグレーではないのか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、フィンランドのイッタラサポートへ問い合わせまして
回答が来ました。


120 mm Aalto vase is grey, that product was a Gift of the year during year 2001, after that is was in a normal production.

95 mm Aalto vase does not look grey, but it must be that colour, there are no other colour possibilities. During that time there was only clear, white, blue, light blue, grey, light green, green, and clear 1937 in our production. Aalto vases are mouth blown products, so the colour might vary a little.


120mmと一番最後の写真の右側の95mmはやはり普通のグレーなんですね。

左側のサンドのようなグレーアアルトベースは、色がなんとも上品で気に入っているので

大事にしようと思います。




[PR]
# by yummy0424 | 2016-12-12 23:10 | kivi以外のイッタラ製品について | Comments(0)
1937グリーンと1986年限定のアアルトベースについて
kiviブログなのに、アアルトベースネタが続いてすみません。

c0368426_14034212.jpg
先日、1937グリーンのアアルトボウルを入手しました。
kiviにはないイッタラの色という事で以前から見てみたかったのです。

c0368426_14050711.jpg

印象としてはkiviのクリスマスグリーンよりも若干黄色が入っていて
生き生きとしたグリーンがとても美しい。

個人的には、ほうれん草みたいな色だなぁと思いました。美味しそう。
c0368426_14041296.jpg

c0368426_14042330.jpg
1986年にアアルトベース生産開始50周年を記念して作られたアアルトベース160mmを持っており
これって何色なんだろう?とずっと疑問に思っていたのですが
並べてみたところ、色がどんぴしゃ!同一だという事が判明したのが大きな収穫でした。

c0368426_14080195.jpg
c0368426_14041836.jpg
c0368426_14042637.jpg

c0368426_14145220.jpg

[PR]
# by yummy0424 | 2016-12-11 14:15 | kivi以外のイッタラ製品について | Comments(0)